外国人技能実習生の現状と今後の方向

  • カンボジアの技能実習生の特徴は?

    • 近年の日本は、カンボジアなどの諸外国から技能の実習生を受け入れています。人手不足の業界を救う方法として、受け入れを行うようになったのです。

      ただし、これには多くの問題があるといわれています。


      経済に関する協定を結んでおり、それに基づいて海外で教育を受けた外国人を雇い入れています。日本で働くことを目指す外国人は日本語の習得から始めることになります。



      そして採取的に日本で働くための資格を得るのです。


      カンボジアなどの実習生の受け入れは、すぐに実現したわけではありません。



      これまで複数のステップに分けて実現してきたのです。


      2000年代に始まり、2010年までにフィリピンなども協定に参加しました。

      カンボジアの外国人研修生情報のご紹介です。

      今では複数の国から実習生を雇い入れていますが、その中でもカンボジアの実習生は評判が良いです。
      日本人と共通する点が多いといわれています。たとえば、奥ゆかしい性格の人がたくさん見受けられます。

      家族や親族を大切にする人が多いので、日本人が身内を大事にする気持ちも理解しやすいです。

      高齢者への敬いの気持ちも持っています。ただし全く問題がないわけではありません。

      たとえば、やはり日本人同士よりコミュニケーションの点で劣ってしまいます。

      普段は問題がなくても、災害などの緊急事態に直面したときにスムーズに連携できない可能性があります。また日本人の経営者の中には実習生を軽んじてハラスメントを行う人も見られます。

      そのような事態を防止するための取り組みが重要といえます。