外国人技能実習生の現状と今後の方向

  • カンボジア技能実習生の努力

    • 日本へ留学して家族を養う方向を考えれば、正社員を目指す動きが一般的です。

      カンボジアの技能実習生は制度を賢く使っていく状況が大事になり、将来を見据えた選択が大事になってきます。

      カンボジアの人材派遣サポートと断言できます。

      またカンボジアは人材派遣を活発にする動きをこれまで以上に強化させているため、日本人が積極的に受け入れることを優先させる内容が大切です。



      一人でも多くの方々へカンボジア人の特色を理解してもらう活動が不可欠であり、技能実習生であれば新人が教わる研修の内容からじっくり確認する動向が必要です。



      個々の努力をじっくり積み重ねていくことで、技能を習得して母国で起業の準備が可能になっていきます。
      技能実習生として選定されるには、ある程度の語学力が問われ、日本でより高度な知識を身につける意識が大事です。

      彼らの日々の努力がかたちになる方向が見出せれば、後々日本企業の底上げへつながり、活発なグローバル展開へのチャンスが生まれます。


      カンボジアとの関係を良質なレベルまでもっていくことができれば、現地へ向けた多様なサービスが可能となっていきます。ビジネスの要素をじっくり確認することは、技能の根幹から見直していく環境に関係します。

      これまでの働き方を振り返り、留学生および外国人労働者の意見に耳を傾けてみる方針が必要です。さらにアジアは人口が過密になっている地域であり、ヒット商品をひとつつかまえることとなれば、莫大な利益を生むきっかけが出ていきます。